2018/06/12

「人の金で食うメシは美味いかって? サイコーだぜ!」

あれはmiso-oyaziと一緒にレベル4のトレジャーハンティングに挑戦していた時のことだったぜ…。

2018y06m12d_215637577.jpg

Captain Jordan:きたぜ!!!
miso-oyazi:おおおおおお
レベル4となりゃ、ガーディアン・モンスターがそこそこ手ごわい。いいか、足を引っ張るんじゃねえぞ!

2018y06m12d_215659033.jpg

Captain Jordan:わはは
miso-oyazi:じょおおおおおおおおお
クソッ、まさかあの日のジョーダン・メモリーがフラッシュバックするなんてな。気を取られて思わず転んじまったじゃねえか。

2018y06m12d_215743289.jpg

近場の街で知らん人に蘇生してもらったぜ。

2018y06m12d_215833160.jpg

Captain Jordan:どこいきやがった
戻ってきたらmiso-oyaziがほとんどのモンスターを片付けていた。うむ、ご苦労!

2018y06m12d_220005632.jpg

Captain Jordan:開けるぞ…!
お待ちかねの中身チェックタイムだ。言っておくがトラップで爆死なんかしてねえからな? ホントにしてねえから。あれはオレ様の尻が暴発しただけだから。

2018y06m12d_220217495.jpg

Captain Jordan:とりあえず今日は一枚だ またやろうぜ
miso-oyazi:うん おう
miso-oyaziの用事があったので、一枚だけで解散。バイト代を奮発してやった。ちなみに地図の提供者はmiso-oyaziだし、モンスターを全部倒したのもヤツだってことは誰にも内緒だ。

※オマケ

2018y06m12d_220406645.jpg

ギルメンへの嫌がらせに役に立たねえ速習のスクロールを郵便ポストに突っ込んでから寝た。

コメント

非公開コメント