2018/06/04

「何も言えなくて…夏」

あれはヘイブン銀行前に出現していた赤ゲートに飛び込んだ先の青ゲートにさらに飛び込んだ時のことだったぜ…。

2018y06m04d_201105646.jpg

Captain Jordan:まじかああああああああ
そこは灰色の世界だった。ゲートを出した本人はゲタゲタと笑っていた。やられたぜ!

2018y06m04d_201229997.jpg

ここがどこだか分からねえぞ。

2018y06m04d_201415485.jpg

Captain Jordan:コブトスか
右往左往しながら外に出ると、見知った光景が広がっていた。なるほど、さっきの階層はオレ様一人じゃたどり着けねえから見おぼえなかったんだな。なんか得した気分だぜ。

2018y06m04d_201547124.jpg

Captain Jordan:やべえ 帰れるのか?

2018y06m04d_201612780.jpg

Captain Jordan:オレ様の武器はシルクハットだけか… 十分だぜ

………
……


2018y06m04d_201631339.jpg

2018y06m04d_201648219.jpg

2018y06m04d_201821323.jpg

オレ様はパラゴンもかくやという素早い動きでモンスターの群れの間を走り抜けた。全然まったく大した事なかったな。

2018y06m04d_201845019.jpg

おい、アクセサリーがねえからリコールできねえじゃねえか!

2018y06m04d_201956906.jpg

だが、ブリタニアの地理を知り尽くしたオレ様に死角はない。コブトスだったら…バッカニアーズ・デンが近いんだぜ。

2018y06m04d_202030674.jpg

さ、ゲートから帰るか!…と思ったらここはトラメルだったことを忘れていた。

2018y06m04d_202145497.jpg

銀行前でこっそりとリコールしたぜ。